白髪よさらば!老けない健康な髪を保つ鍵はアレ!!

いつもご訪問いただきまして本当にありがとうございます♡

30代になると、なんとなく気になり始めるのが白髪。でも、体質だから、年だからと諦めないで!きちんと対策をして、今ある髪を守っていきましょう。

 

まずは育毛剤よりも、食生活の改善が必須項目。

そもそも髪は頭皮で作られます。
頭皮環境を整える事はもちろん大切ですが、健康な髪を育むにはまず食生活が一番大事。
当たり前のように聞こえるかと思いますが、体を巡る栄養が毛穴の奥にある毛母細胞や、色素を作り出すメラノサイトの働きに影響するので、食生活の偏りが原因で髪の成長サイクルが滞っている人がとても多いのです。

白髪予防にはメラニン細胞を増やしましょう。

黒い髪の色を作る元は、メラニンという細胞です。
このメラニンの量を増やしてくれるのが、チロシンと呼ばれる物質。チロシンもまた食生活から増やす事が出来るのです。
そのチロシンを作ってくれるのが、大豆やピーナツなどの豆類、チーズなどの乳製品。そしてちりめんじゃこやタラコにもチロシンを作り出す働きがあります。※チロシンには、集中力の向上やストレスの緩和、鬱病などの症状緩和にも効果があると言われています。ただ、チーズなどはカロリーが高いので、摂りすぎにも注意をしましょう。

毎日の頭皮マッサージも効果的

スパ
頭皮は意外に凝りが溜まって血流が滞りがち。
シャンプーをする際に、血流を良くするマッサージをする事もオススメです。
シャンプーやトリートメントの際、頭皮をじっくりと揉むようにして指の腹で押してみると血行が促進され、栄養も行き渡ります。毎日マッサージを続けることで、頭皮が柔らかくなり、健康な頭皮になるのです。基本的な事ですが、食事はすべての基礎になるもの。髪だけでなく体全体の健康の為にも、体に取り入れる栄養素には気を配りたいですね。

白髪を改善するなら30代から?

久しぶりにサイドの髪をかき上げてハーフアップの髪型にしようと思ったら、こめかみに白髪が何本も生えていた! そんな経験のある方もいるのではないでしょうか? 早い人だと20代半ば〜後半には、すでに出始める白髪。最初は「めったに生えてこないし」と1本ずつ抜いたり切ったりしていたけれど、次第に無視できない数になってきます。

そのままにしておくと増え続けていく白髪は、改善できるのでしょうか? そもそも、白髪になってしまう理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

白髪ができる理由として、まず髪の毛の黒い色がどのように形成されていくかをおさらいしておきましょう。黒い髪の色を作るのは日焼けの素にもなる物質であるメラニン色素です。毛髪の下の頭皮の中にはメラノサイトと呼ばれる色素生成細胞があります。このメラノサイトの中にあるチロシンという物質にチロシナーゼという酵素が働きかけることで、メラニン色素が生成されます。さらにこのメラニン色素が髪の毛の中に輸送されて髪に色がつくという仕組みです。
白髪が増えてくるのは、このメラノサイトでのメラニン色素の生成、またはメラニン色素の髪への輸送、あるいはこれらの両方が阻害されているからと考えられます。
では、具体的にどのような事柄がメラニン色素の生成・輸送を阻害する要因となっているのでしょうか?

 

白髪を改善!対策はなぜ早いほうがいいの?

メラニン色素の生成・輸送を阻害する要因

白髪が生じる原因として考えられるのは、何らかの理由でメラノサイトでのメラニン色素の生成やメラニン色素の輸送が滞ってしまうことでしたね。これらを引き起こす大きな要因として、生活環境の変化や病気などによるストレスがあります。

例えば、職場の人事異動や転職、転勤により上司や同僚が変わって強いプレッシャーを感じながら働いていると、ストレスにより常に心身が警戒モードに入ります。自律神経のうち交感神経が働くようになるわけです。そのような職場環境ではしばしば残業時間が長引きますし、栄養価の高い食事を十分に摂る機会が失われますよね。また、帰宅後も心配が収まらず、交感神経がオンとなったまま長く過ごすようになります。

このような状態が長く続くと、自律神経失調症を起こし、身体の生命維持に関わる臓器以外への栄養供給が滞ります。副交感神経が優位にならずリラックスして寝つけないため睡眠不足も伴ってしまい、新陳代謝がスローダウンし、メラノサイトでのメラニン生成が追いつかなかったり必要な栄養素が届かなかったりする恐れがあるのです。

白髪は心身の衰えのシグナル

白髪の原因となるような生活スタイルは、頭髪の健康だけでなく心身の健康のためにも好ましいものではありません。美容だけでなく健康のためにも、白髪が改善できるライフスタイル、つまり心と身体を大切にできるようにしていくのが望ましいのです。

30代から40代になってくると老化により身体の代謝機能が衰えてきます。病気から回復する機能も当然衰えてきますから、白髪の改善にはできるだけ若いうちからとりかかることが大切です。
ストレスと老化のどちらが原因であっても、白髪は新陳代謝の衰えや心身の健康が少しずつ失われていることを示すシグナルととらえられます。長く若々しく元気でいられるように、この機会に改善を試みていきましょう。

白髪を改善するには?白髪をなくす方法をチェック

白髪を改善し、心身を健康にしていく方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

心と環境のケア

まず、上で挙げたようなストレスへの対処が大切です。ストレスへの対処には受け流す方法と、その原因を根本的に変えてしまう積極的な方法があります。職場環境の悪さについては、直属の上司や現在の同僚でない職場の人に相談したり、辛さを分かち合ってくれるような家族・友人・知人・専門機関(心理カウンセリングなど)に話したりするようにしましょう。自分一人で抱え込んでしまうと、「自分が悪い」といったネガティブな思い込みに陥ってしまうことが多いです。

もちろん、気持ちをリセットするという点では、人に話すだけでなく、趣味に打ち込むこともいいでしょう。フィクションの世界に浸ったり、スポーツをしたりして今の悩みに囚われないようにします。休暇を取って旅行するのもいいかもしれません。
「どう考えても相手が悪い」ということであれば、勤務先の人事や直属の上司のさらに上に報告することも検討してもいいかもしれません。現在の職場に長居するつもりがなくいずれ転職する予定で、狭い業界の中で同業他社に移るつもりなら、現在の職場では波風を立てすぎないようにし、できるだけ早く転職するというのも良い選択肢になるでしょう。

身体のケア

すでにどちらもやっている、という人も少なくないでしょうね。その場合は、自分の身体のケアももう少し大切にしてみてください。
特に、食生活の改善は大切です。例えば、ビタミンAで肌の保湿・恒常性を維持し、ビタミンB1で皮膚を健康に保ちます。メラニンの元となるチロシンや血液の元になる鉄分を良く摂ることも忘れてはいけません。また、睡眠を適切にとることも重要です。入眠後の最初の数時間に成長ホルモンが最も多く分泌されるため、寝入ってからすぐに目が覚めないようにしなければなりません。睡眠時間の確保は当然ですが、必要であればベッドや枕を新調して寝心地を良くしたり、就寝中の室温・湿度を適度に調節できるよう冷暖房や除湿機・加湿機を導入したりしましょう。寝る前にブルーライトを浴びると入眠が難しくなることが知られています。スマートフォンやパソコン、液晶テレビ、タブレットの使用は就寝時間より1時間前になったら控えるようにしましょう。

血行&代謝を良くするために、日頃からちょっとした運動をしてみましょう。いきなりジムに通うのは難しくても、移動中にエレベーターよりも階段を利用するようにしたり、スパで汗を流したりすると気持ちがいいですよ。身体を冷やさない服装や、鍼灸でのツボ刺激などもいいでしょう。

頭皮それ自体への働きかけとしては、血行の良くなった入浴後に頭皮をマッサージしたり、白髪の
気になる箇所の地肌に保湿のできる美容液などを塗ったりすることが挙げられます。肌の保湿を改善すると、栄養素が届きやすくなります。肌の奥に浸透させることはできなくても、肌表面の水分の蒸発を防ぐことで内部からの水分の移動が防げます。

全てを並行して毎日行うことは難しいかもしれませんが、気が向いたときや余裕のあるときにちょっと多めにやってみるなどして、習慣にできるようにしていきましょう。

ゴマは白髪改善の食べ物?白髪をなくす食べ物はある?

食生活の改善の中では色々な栄養素をご紹介しました。具体的な食品にはどのようなものがあるでしょうか?

白髪をなくす食べ物は?

ダイエットに限らず「××にはこれが効く!」というような広告を見かけることは多いですよね。しかし、みなさんもご存じのように何かの栄養を摂ったからといって、その栄養が届いてほしいと思うところに必ず向かうわけではありません。確実な効果があるものは、逆に体内に取り込みすぎることで身体に害をなすこともあるため、医薬品に指定されて管理されたり、摂り過ぎについて厚生労働省などから注意喚起がなされたりします。通常の食品ではこのようなことは無いことからもわかるように、絶対に効くというものはないのです。

白髪に欲しい成分が効率的に食べられる食べ物は?

白髪改善への正解はありませんが、役立つと言われる成分を効率良く食べて、身体に届きやすくすることはおすすめです。

肌に良いビタミンAやメラニン色素になるチロシンを多く含む食品としてはバター・チーズなどの乳製品があります。また、血中のコレステロールの減少や血行の改善に効果を期待できるセサミンやビタミンE、不飽和脂肪酸はゴマに多く入っています。豚肉やレバーには皮膚の健康に良いビタミンB1と血の元になる鉄分が多く含まれています。緑茶やさつまいも、キャベツなどに多く含まれるビタミンCは、皮膚の中に保湿成分と水分が留まる場所を形作るコラーゲンを合成するのに役立つと言われています。ゴマを散らした豚肉の生姜焼きに、キャベツのサラダなどをつけてみるなど、色々工夫をしてみましょう。

お髪に関する小さなお悩み。日々のちょっとした心がけや、普段の生活習慣を見直すことで、案外簡単に解消できたりするんです。

美髪は一日にしてならず。

お髪や頭皮、お肌のお悩みは、お気軽にchouchouにご相談ください(^^)

 

chouchouで、解決✨✨

 

chouchouに電話する

☟☟☟

07014300510

 

 

 

chouchouからのお知らせ.・*・.・*・.・*・.・*・

✪ご予約が取りづらくなっており、ご迷惑おかけしております。。。お早目のご予約をオススメ致します(^^)

お電話に出られないときは 後ほどこちらからご連絡させて頂きます。

よろしくお願い致します。

 

✪只今 新製品の洗顔器 【ルミスパ】が大人気❣予約殺到中デス✨✨

※体験無料!!ご予約承ります!!

詳しくはお問い合わせください。

 

すぐに電話

↓ ↓ ↓

07014300510

 

 

chouchouのLINE@

↓ ↓ ↓

友だち追加

 

お友達登録お願いします(*^^*)

 

こちらからご予約 お問い合わせして頂けます♪

 

 

chouchouのLINE@

↓☟↓☟

chouchou1008

 

 

 

 

beauty lounge chouchou

佐久市岩村田523-2

℡ 07014300510

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 【ご存じですか?】ヘアドネーション

  2. お客様の【素敵な言葉】

  3. エアコンあたりすぎで老け顔加速⁉️夏老けを防ぐコツ3つ

  4. 髪質が変わった?髪に自信がなくなった時にやること

  5. 女性特有のヘアロスって知ってますか?

  6. 【小顔】になれる 佐久市岩村田の美容室 beauty l…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。