美しい豊かな髪を生む3選…キューティクルを守るためのバリアを作る

いつもご訪問いただきましてありがとうございます♡

きょうは

今ある髪を守り、より美しく見せるためのコツについて3回に渡って考えていく③回目。「キューティクルを守るためのバリア作り」についてお話ししていきます。

美しく豊かな髪を生む要素その1…水分とタンパク質
美しく豊かな髪を生む要素その2…キューティクルを整えて「治す」

前回はキューティクルは髪の内部を刺激から守っているということ、キューティクルは無くなってしまうと取り戻すことはできないので、ダメージがひどくなる前に治さなければいけないことをお話ししました。

そのキューティクルはパーマ、カラー、日々のドライヤーやブラシの摩擦で傷ついていくわけですが、それらの刺激からキューティクルを守るバリアが必要なわけです。

通常髪は頭皮から分泌される皮脂で覆われていますが、ロングヘアだったり皮脂量が低下すると毛先までは伝わるのがのが難しくなります。そこで油分を含んだクリームや軽やかなオイルで、表面をコーティングするわけです。

シリコンは良くない?

オーガニックコスメの分野でよく「ノンシリコン」と謳っているため、シリコンは「よくない成分なのでは?」と思われがちです。けれども人体に害はまったくありません。

もちろんシャンプーはノンシリコンのほうがベターというのが私たちの理論ですが、シリコンそのものはリーズナブルで確実に効果を出してくれる、大変有用な素材だと考えています。

また、美容師さんに「シリコンを使い続けるとカラーやパーマがかかりにくくなる」と言われた方もいらっしゃるかと思いますが、現在はそういった弊害のないシリコンが登場しています。

《弊害のないシリコンについて…》

シリコンには、実は数千にも及ぶ種類があります。肌や髪へ余計な負担をかけないためには、そのうちのいずれかを使うか、どういう組み合わせにするかがポイントになります。
シリコンの過剰な蓄積や、そこから生じるごわつきを防ぐ成分としては、(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマーなどが知られています。

 

また、ヘアマニキュアでコートすれば、表面のなめらかさやツヤが長持ちするうえ、髪内部の成分の流出を防ぐこともできます。

ただし、カラーはやはり髪の負担になるので、ダメージを防ぐという目的だけであれば透明のヘアマニキュアもおすすめです。お試しになってみてはいかがでしょうか?

さて、3回にわたって『美しい豊かな髪を生む』要素3選

お話ししましたがいかがでしたか?

美髪は1日にしてならず。

サロンでのスペシャルケアではキレイになって当たり前で。毎日のホームケアが何より大切なんですね(^_-)

基本的なヘアケアが間違っている方、まあまあいらっしゃいますね…

素朴な疑問もお気軽にご相談ください★

 

chouchouで、解決✨✨

chouchouに電話する

☟☟☟

07014300510

chouchouからのお知らせ.・*・.・*・.・*・.・*・

✪ご予約が取りづらくなっており、ご迷惑おかけしております。。。お早目のご予約をオススメ致します(^^)

お電話に出られないときは 後ほどこちらからご連絡させて頂きます。

よろしくお願い致します。

✪只今 新製品の洗顔器 【ルミスパ】が大人気❣予約殺到中デス✨✨

※体験無料!!予約承ります☆

詳しくはお問い合わせください。

「ルミスパ 画像フリー」の画像検索結果

すぐに電話

↓ ↓ ↓

07014300510

chouchouのLINE@

↓ ↓ ↓

友だち追加
お友達登録お願いします(*^^*)

こちらからご予約 お問い合わせして頂けます♪

「インスタ フォローミー」の画像検索結果
Instagram

↓☟↓☟

chouchou1008

beauty lounge chouchou

佐久市岩村田523-2

℡ 07014300510

関連記事

  1. そもそもリンパドレナージュってなに?

  2. なぜ白髪になるの?徹底分析5つの原因

  3. 美髪を手に入れる 簡単な方法?

  4. 目から入った紫外線もシミに!?

  5. 夏を待っていては遅い?髪の紫外線対策とヘアケア方法

  6. 髪の毛に悪いもの取り過ぎていませんか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。